2011年05月23日

ワン ミニッツ ワルツ

ショパンを好きな人って多いのではないでしょうか。
ショパンのピアノ曲って聞き惚れるものが多いですよね。

今日、取り上げるのは「小犬のワルツ」です。
小犬のワルツの別名、知ってますか?
ヨーロッパでは ワン ミニッツ ワルツ と呼ばれているそうです。
その意味は、文字通り、1分で演奏できるワルツということだそうです。

1分で演奏することにチャレンジする人もいるようです。
でも、なかなか1分で演奏できないですよね。

神戸花鳥園で、1分にチャレンジした演奏です。
結果は……






小犬がコロコロじゃれついている感じがします。
こういう演奏を聴くと、しあわせを感じます。


お勧めCD






posted by こねこのこ at 01:01| Comment(0) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

我が母の教え給ひし歌

明日は母の日ですねexclamation×2
そんな日にお勧めの一曲は我が母の教え給ひし歌です。
作曲したのはドボルザーク。交響曲第9番が有名です。私の好きな曲でもあります。

るんるんと〜おき やーまに 陽はおちーて
「家路」を歌ったことってありませんか? これって交響曲第九番の第二楽章なんですよ。
あのしんみりした、ノスタルジックなメロディー、日本人の心にしみると思いませんか?

ドボルザークはチェコ国民学派を代表する作曲家と言われています。
でも、どうしてチェコの民族色の強い音楽が日本人の心を打つのでしょう?

「我が母の教え給ひし歌」もかなりしんみりしますよ。声楽はもちろん、バイオリンやチェロで演奏されることもあります。
個人的にお勧めは、ソプラノでは佐藤しのぶ、バイオリンでは前橋汀子、チェロではヨー・ヨー・マです。
夜にしんみり聴くと、しあわせ晴れな気分になる、かもね。

posted by こねこのこ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。