2011年06月09日

チキンのようなアヴェ・マリア

人気ブログランキングへ


アヴェ・マリアという曲は多くの作曲家が作っているニャン。
グノー、シューベルト、カッチーニ……
名曲が多いけど、その中でもこねこのこが特色的だと思うのがグノーアヴェ・マリアですね。
どうしてかと言うと……
thumbnailCAY0WB8W.jpg

まず、伴奏パートがバッハの曲だからニャン。
よくバッハ/グノー アヴェ・マリア と記載されているけど、
これは何もバッハさんとグノーさんが密室にこもってケンカしたり、相談したりしながら曲を作り上げたってことじゃないのです。バッハさんはドイツ人だし、グノーさんはフランス人だから、仲良くできないよね、というわけじゃなく、そもそも生きた時代が違うのです。
バッハさんの素晴らしい平均律クラビア集の第1曲をグノーさんが拝借し、それにメロディーラインを付けたのですのです。
そんなアヴェ・マリアは、多分、他にはないと思うのです。


それから、もう一つ、グノーさんのアヴェ・マリアが特色的だと思うわけは、
どんな楽器で演奏してもバッチリはまるのです。
声楽はもちろん、バイオリンでも、チェロでも、ホルンでも、サックスでも、何だってはまっちゃうんですまあ、こねこのこの未熟な耳で聴いた感想ですけど……。。
チキンのように、煮て良し、焼いて良し、揚げて良し、蒸して良し、生でも良し、という感じです。
こねこのこは鶏肉が大好きなんだニャン。
チキンを食べていると、しあわせなんだけど、グノーのアヴェ・マリアを聴いていても、チキンを食べているときのように、しあわせな気分になるニャンニャン。

今回は、フルートバージョンをアップするニャン。
楽しんでください。






人気ブログランキングへ


posted by こねこのこ at 08:35| Comment(0) | 声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

バイオリンの名曲

名バイオリニストにして、作曲家のサラサーテに触発されて作曲されたという曲だニャン。
言わずと知れたバイオリンの名曲の一つです。
作曲者はフランス人のサン=サーンスさん。




超絶技巧の難曲だけど、ただそれだけじゃなく、流れるような美しい旋律があり、ちょっとスペイン風というかカルメン風な情熱を感じてしまいます。
こねこのこは、この曲を聴くと思わず尻尾が踊ってしまいます。
そういう曲を聴くのは、はっきり言って、またたびをなめるより、しあわせだにゃ〜あ。


人気ブログランキングへ

posted by こねこのこ at 23:36| Comment(0) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

ゴージャスですよね

チャイコフスキー作曲 ピアノ協奏曲第1番

何と言っても、
華麗絢爛ゴージャス な曲ですよね。
とてもリッチな気持ちになれちゃいます。
チャイコフスキーの代表曲の一つですね。
そして、ピアノ協奏曲の代表の一つでもありますよね。


この曲を献呈されたルビンシュティン(チャイコさんの友人であり、モスクワ音楽院院長)に散々にけなされたんだって。
陳腐で、不細工だ
貧弱だ
演奏不可能だ!」って言われたそうです。

さぞかしチャイコフスキーちゃんはがっかりしたことでしょう。
それにしても、ちょっと、ひどいんじゃない?
私も思わず叫んじゃいます。

にゃご〜お〜

ねこパンチ


後にこの曲はアメリカで無事、初演されました。
そして、今や、クラシックファンだけじゃなく、
多くの世界市民の共通文化となっていますよね。


それにしても、この曲のどこが陳腐なんでしょうね。
どこが貧弱なんでしょうね。
この曲を聴いていると、しあわせになれるのに、ね。


応援してね!

人気ブログランキングへ




posted by こねこのこ at 22:41| Comment(0) | ピアノ曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。