2011年08月18日

国王様、お許しを


猫にもいろんな猫がいるけど、
作曲家にもいろんな作曲家がいるんだにゃんるんるんるんるんるんるん


ヘンデルって、まぁ、お気楽な人だったんですドコモポイント
ヘンデルはドイツ人で、ハノーバー選帝侯に仕えていたんだけど、
イギリスに遊びに行っちゃうんだよね飛行機
イギリスで、人気が出て、アン女王にも猫かわいがりに可愛がられたんだよキスマーク

london26.jpg



そんで、ハノーバー選帝侯が「帰ってこいや」と言うけれど、
帰らないんだよな、ヘンデルって人は。
まぁ、猫のような性格なんだね猫


で、アン女王が死んじゃうわけ。
そして、新イギリス国王に、ハノーバー選帝侯が選ばれ、ジョージ一世としてイギリスにやってきたん だ。
そりゃ困っただろうな、ヘンデルさんはがく〜(落胆した顔)
きっと猫のように小さくなって暮らしていたんだと思うモバQ


あるとき、ジョージ一世がテームズ川で舟遊びをしたんだな。
その情報を事前にキャッチしていたヘンデルは、さらさらと(かどうかは知らないけれど)新しい音楽を 作曲したんだにゃん。
んで、ジョージ一世の乗っている船に、楽隊を乗せた船を近づけ、音楽を演奏して聞かせたってわけだよ。
ジョージ一世、機嫌が直って、めでたしめでたし。


その時の音楽が「水の上の音楽」ってわけ。
国王様に聞かせる音楽だから、というわけでもないんだろうけど、
豪華絢爛な感じがクンクンだよ。
とってもリッチな気分になれて し・あ・わ・せ


では、その中からホーンパイプを。






人気ブログランキングへ




posted by こねこのこ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。