2011年05月27日

恋は野の鳥 ハパネラ

もっとも有名なオペラの一つは、ビゼーの「カルメン」でしょう。
親しみやすい、というか、頭に残る旋律が魅力です。
思わず、肉球をなめたくなります。


「カルメン」はオペラなんだけど、実は一度もオペラ「カルメン」を聴きに行ったことはニャーいの。だって、高いし…
だけど、「カルメン」は何度も何度もきいたことるニャン。
よくオーケストラの演奏会で取り上げられるし。
組曲になっているし、有名な旋律も多いから、オペラを離れて単独で取り上げられることもおおいのだと思うニャン。





で、今回はその中の一曲「ハバネラ」にゃん。
ハバネラって、もともとキューバの民族舞曲の様式なんだニャン。
ラベル、サン=サーンスなんかの作品にも「ハバネラ」ってあるニャン。

この前、カルメンのハバネラを生で聴きました。
クラリネットとピアノという珍しい組み合わせの演奏ニャン。
こんな感じニャン。





短い曲だけど、しあわせを感じた一瞬でした、ニャオ。



posted by こねこのこ at 20:54| Comment(0) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。