2011年05月29日

知らない曲を知るしあわせ

人は誰でも、他人や世間に認められたいものだと思う。
芸術家だって、それは同じだと思う。

生きているときには人気があっても、死後、忘れられちゃう芸術家っていますよね。
反対に、生きているときは、見向きもされないんだけど、死後、評価が高まる人もいますよね。
どっちがしあわせなんだろう?
もちろん、生きているときも、死んでからも、評価が高いにこしたことはないんだけれど。たとえば、ベートーベンとか、プッチーニのように。でも、そういう人って、ほんの一握りなんだろうな。


さて、メトネルという作曲家をご存じでしょうか。
メトネルはロシアの作曲家です。
ラフマニノフのお友達です。
改めて言うまでもなく、ラフマニノフは超メジャーな作曲家ですよね。
でも、メトネルは売れないまま生涯を終えてしまいました。
かわいそうなメトネル……。


だけど、最近になって、メトネルの評価が高まってきているようです。
演奏会で取り上げられることも多くなったようです。


初めてメトネルの作品を聴きました。
とても美しく、そして愛らしい曲だったです。






今まで知らなかった作曲家に、あるいは楽曲に、出会うのは
誰が何と言おうと、しあわせなことです。
肉球をなめたくなっちゃいます。

メトネル:作品集(2) / メジューエワ(イリーナ) (演奏); メトネル (作曲) (CD - 2005)
ラベル:メトネル
posted by こねこのこ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。